So-net無料ブログ作成

ファイナル・ドラゴン(1977年・香港) [2012年 レビュー]

原題:風雨雙流星/THE KILLER METEORS
監督:ロー・ウェイ 脚本:クー・ルン

 新年1発目、何を観ようか悩んだ末に選んだのはしょうもないジャッキー映画。
 その理由。「沢木耕太郎風」から脱却するためには、マジメな映画は無理だなと(笑)。ちなみにジャッキー・シリーズはこの先も続きます。なんたって2年越しの「ジャッキー映画コンプリート計画」実施中なので。

 さて本作。ビデオ版がリリースされたときには「ジミー・ウォング&ジャッキー・チェン/キラードラゴン流星拳」というタイトルでした。観たら驚きますよ。ジャッキー・チェンは延々出てきませんから。出てくるのはオープニングから約20分後。主演は白竜をポッチャリさせたようなジミー・ウォングで、ジャッキーは悪役(しかもラスボス)という珍しい作品です。うおい。DVDのパッケージ写真は完全にジャッキー主演になっとるやんけ。これは明らかに誇大広告。もしもDVDパッケージにダマされて買った方がいたら、JAROに通報した方がいいです。

 「奪命流星」という究極の武器を持つメイ(ジミー・ウォング) は、無花病と名乗る貴族(ジャッキー・チェン)に妻を殺してくれと頼まれる。彼は妻に毒を盛られ、年に1度だけ解毒剤を渡されてギリギリ生かされているのだと言う。メイは無花病の願いに応えるべく、その妻のもとへ向うのだが…。

 とにかく脚本がしっちゃかめっちゃか。
 脚本を書いたクー・ルンは「成龍拳」も書いてるんだけど、本作の場合はウド鈴木のフリートークよりヒドい。「おまえ、そのエピソードいらんやろ」って言いたくなるシークエンスがてんこ盛りで、なんなら登場人物も半分でええわ!ってくらい多い。例えば「死んだと思ったら生きてた」って展開はたいてい1作品で1回しか使わないもんだけど、ここでは2回出て来る。「うわうわ!オマエも生きとったんか!」ってそれモンスターエンジンのコントか、笑い飯の漫才やろ!

 そう言いつつ、ジャッキーの悪役ってなかなか観られるもんじゃないので、コアなファンにはいいかと思います。ジャッキーはジミー・ウォングとの対決に敗れて派手に焼死しますから(笑)。もちろん誰もそんなこと期待してないと思うんですけど。
 ちなみにジミー・ウォングは、のちに起きる「ジャッキー・ジャック事件」の際、ロー・ウェイ×ジャッキー×香港マフィアとの間を取り持って手打ちにさせた立役者で、そんな背景を知りつつ観ると「普段から付き合いは大事だなあ」と違う意味で感心させられます。
 ただ僕は観ながら何度も「オレって時間を無駄にしてないか?」と何度も自問してました(笑)。
 そして問題のDVDジャケはこちら。責任者出てこーい!

ファイナル・ドラゴン デジタル・リマスター版 [DVD]

ファイナル・ドラゴン デジタル・リマスター版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • メディア: DVD

nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 3

ルル

先日は「nice!」と、ご挨拶コメントありがとうございました。
今年もよろしくお願いいたします。

このDVDはパッケージにダマされるなってことが理解出来ましたわw。
by ルル (2012-01-04 23:09) 

ken

ルルさん、今年もよろしくお願いします。
このパッケージは完全に反則だと思います。
被害者が出ていないことを願うばかりですw
nice!ありがとうございます。
by ken (2012-01-04 23:24) 

奪命流星

素晴らしいレビュー!わかりやすい!
同じこと思った方が何人いただろう・・・
私としては主人公を捕えた際のジャッキーの一連の対応も笑ったポイントでした。
そして作品としての最大の感想は「俺、時間を無駄にしてないか・・・・」
本当に、これに尽きると思います。
by 奪命流星 (2017-09-10 18:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。