So-net無料ブログ作成

ダーティハリー(1971年・アメリカ) [2011年 レビュー]

原題:DIRTY HARRY 監督:ドン・シーゲル 脚本:ハリー・ジュリアン・フィンク、他

 洋画まで旧作を観るようになってしまった(笑)。
 クリント・イーストウッド監督作品はそれなりに観て来たけれど、そういえば俳優としての出世作は観ていなかった。今まで観るチャンスは40年もあったのに、それでも観なかったのは44マグナムを構えるクリントの顔が怖かったからだと思う。

b0008655_2072013.jpg Do I feel lucky?

 僕は
ジェームズ・ボンドとナポレオン・ソロの影響で、「(映画の中で)銃はスマートな武器」というイメージがあった。人殺しの道具ではあるけれど、ボンドからもソロからも不思議と“殺意”は感じなかったからだと思う。
 しかしクリントには明確な殺意を感じる。この顔で銃を構えられたら、大概の人は「あー終わった」と思うだろう。そんな不快感があって、僕は40年間観ないまま来たのだ。

 とあるビルの屋上プールで、女性が狙撃される事件が起きる。
 サンフランシスコ市警には「Scopio」と名乗る男から犯行声明が届き、「10万ドル用意しなければ、市民を殺し続ける」とあった。市長は金は払わないと強硬姿勢をとったが、「従わなければ、次は牧師か黒人を殺す」と予告した通り、翌日黒人の少年が殺害される。そこでハリー(クリント・イーストウッド)が犯人との接触を試みることになったのだが…。

 当時はまだステディカム(カメラの振動を取り除く装置のこと)が開発されていないため、三脚を付けない場合、カメラはカメラマンが肩に担いで回していた。当然カメラマンの振動はそのままフィルムに焼き付けられるわけで、カットに残る微妙な振動はこの時代特有のものだ。
 僕はふと「刑事コロンボ」を思い出していた。同じ西海岸(コロンボはロス市警所属)ということもあってか、両者のロケーションの雰囲気はとてもよく似ている。カメラマンの振動によって生まれる「報道映像」のような生々しさが、結果的に両刑事ドラマにリアリティを与えているのだろう。そのリアリティが主人公の血肉となり、コロンボもハリーも存在感あふれるキャラクターとして自立しているように思う。

 展開も面白かった。
 愉快犯による劇場型犯罪をハリーがいかに追いつめて行くかが縦軸で、ラスト観客の溜飲を下げることだけに向かって走る演出が気持ちいい。しかも続編など考えないラストカットの潔さに感動。
 まさに出世作と呼ぶに相応しい、クリントにとっては“美味しい”作品だった。
 続編もちょっと観てみたいかも。

ダーティハリー [Blu-ray]

ダーティハリー [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: Blu-ray

nice!(10)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 10

コメント 9

satoco

別段ファンでもないのですが、なんとなくシリーズ全部を子供のころに観ていますね....あまり内容をしっかり覚えていないところを見るとさほど感銘は受けなかったようですが。でも飽きずに全部観られる映画ではあったのだと思います。
一方コロンボは大好きです。内容もしっかり覚えてます。先日のP.フォークの訃報には泣きました。
by satoco (2011-07-07 21:18) 

ken

僕も「刑事コロンボ」のDVD全部持ってるんですよ。
ピーター・フォークの訃報を聞いて、全レビューに挑戦しようかと思っちゃいました。
nice!ありがとうございます。
by ken (2011-07-08 02:23) 

きさ

これはイーストウッドのお師匠のドン・シーゲルですが、シーゲルの映画を見ると東木さんは師匠に忠実に映画作っているなあと思いますね。
コロンボは全部は見ていないのですが、第1作(パイロット版)をたまたまNHKで最初に放映された時に見ました。
第1作だとコロンボがあくどいというかぎらぎらしていて結構憎たらしいです。

by きさ (2011-07-09 06:34) 

Sho

きちんと観たことはないのですが、私の世代だとテレビの「○○洋画劇場」とかで吹き替えでしていた記憶があります。
この方の吹き替えは、確か山田康夫さんでしたよね?
同時代になるのでしょうか、「刑事コロンボ」もNHKでしていましたね。こらは夢中で観た記憶があります。
こちらの声ご担当は、小池朝雄さんでしたよね?
「吹き替えがいかに大事か」を体で知った気がします。
なんか話がずれてしまいました。すみません。
by Sho (2011-07-10 18:20) 

aneurysm

1作目はTVの吹き替えでよく見た世代です。

このシリーズは5作まであり
2と3は刑事ものとして正統な続編です。
4は暗い話で、5は完全にネタ映画ですが、
リーアムニーソンさん、ジムキャリーさんが出てます。

3以降はチャレンジゾーンです(笑)
by aneurysm (2011-07-10 21:16) 

ken

>きささん
 コロンボは1作目からキャラは完成されていましたが、
 ピーター・フォークの若さが、ぎらぎらさせていたのでしょうね。
 nice!ありがとうございます。

>Shoさん
 最近日本でも吹き替え版の上映が増えてきましたね。
 アクション映画などは、映画館でも吹き替え版が人気のようです。
 イメージを壊さない吹き替えは本当に大事です。
 nice!ありがとうございます。

>aneurysmさん
 マニアとしては、3以降が観てみたくなりましたw
 nice!ありがとうございます。
by ken (2011-07-10 22:52) 

movielover

私もイーストウッド監督作品はそれなりに観てきましたが、恥ずかしながらこちらの作品未見です。
銃を向けられて「あー終わった」と思わせてしまうのは、それはそれで彼の存在感のすごさかもしれませんね。
やっぱり観ておいた方がいいかな、と思わされました。
by movielover (2011-07-11 01:08) 

ken

のちのアクション映画に多大な影響を与えた作品としても知られているようです。
確かにそう思わせる箇所がいくつもありますから、観ておくのもいいでしょうね。
nice!ありがとうございます。
by ken (2011-07-11 09:08) 

 サンフランシスコ人

「クリントには明確な殺意を感じる」

ここ(サンフランシスコ)の警察官は、みんなそうですよ.......
by サンフランシスコ人 (2017-10-18 03:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。