So-net無料ブログ作成

ベルリン・天使の詩 [2010年 レビュー]

ベルリン・天使の詩」(1987年・西ドイツ/フランス) 監督:ヴィム・ヴェンダース

 映画のDVD(あるいはブルーレイディスク)を買う理由は人それぞれあると思う。

 僕の場合は、年老いて何かの病に冒されるか、事故に遭ってベッドで寝たきりになったときのための備えとして買い溜めている。
 寝たきりになったら新作は観ないと決めている。恐らくレビューが書けないと思うからだ。僕の身体は(多くのブロガーがそうであるように)観たら書かずにいられない体質になっている。
 レビューが書けなくなったら、このサイトも終了である。うまく閉じることが出来ればいいが、そうならない可能性もあるので、妻にはアクセスの仕方を書き残しておこう。何かあったときには「閉鎖メッセージ」を出すようにと。
 ハナシが逸れた。
 寝たきり状態で観るなら、一度は面白いと思った映画がいい。残り時間は限られているのだから、つまらない映画を観て後悔したくないし、なにより元気だったころに観た映画と共に、自分の人生を振り返りたい。だから僕はこれからも少しずつストックを増やしていく。
 
 さて、いざそうなったら、僕は割りと早い段階で「シティ・オブ・エンジェル」を観ると思う。
 大好きなメグ・ライアンは美しかったし、ニコラス・ケイジも若かった。そして何より「生と死、そして愛にまつわる物語」で僕はこれほど無常を感じた作品はなかったからだ。初見のときの衝撃は未だに忘れられない。僕はこの作品で「希望が絶望に変わる瞬間」を目撃した。それはあまりも残酷な展開だった。
 が、しかし。
 この不幸は、たとえ一瞬でも幸福を手に入れたからこその不幸である。では、その“幸せな瞬間”だけを心の支えとして、人は生きることが出来るのか。
 僕は出来ると思いたい。でなければやりきれない。そんな人生を生きる人が少なからずいるのも事実だし、心の持ちようひとつで人生の幸不幸が決まると思うからだ。
 「シティ・オブ・エンジェル」は死に対する恐怖心も払拭してくれると思う。だから僕は寝たきりの床で、この作品が観たいのだ。

 いつだったか、こんなハナシを友人にしたら、「オリジナルは観たのか?」と聞かれた。
 観ていなかった。「じゃあ観ろ」と。ここからがいよいよ本題である。

 「天使が人間に恋をする」基本的な設定は同じだ。そして“死”という概念がないのも同じ。
 ただし映画の前半は、天使の耳に届く人間たちの思いが綴られる散文詩である。映像は基本モノクローム。その理由は後半明らかになる。
 この作品をいまさら「面白くない」という勇気はないが、少なくとも「年に10本も映画を観ない」と言う人には辛かろう。作品の文脈を理解するまでに、かなりの時間を要するだろうし、この時間をどう感じたかによって作品の評価は大きく変わると思う。僕自身は「シティ・オブ・エンジェル」を先に観ていたこともあって、本作は「難解」だと思った。
 もしも、どこかの映画祭で見ていたら、印象は違ったかも知れない。映画に向き合う姿勢が違うからだ。けれど商業映画としては難しい。

 と、言いつつ映像がカラーになってからは面白かった。特にピーター・フォークが本人役で出演しているのがいい味になっている。今ならビル・マーレイがやってもきっと面白くなっただろう。

 オリジナルとリメイクの決定的な違いは結末である。
 僕はオリジナル版の結末に正直ホッとした。僕がリメイク版に強く惹かれるテーマは、オリジナル版に無いものだったからだ。
 「とにかく分かり易く」にこだわるハリウッド映画を、ほんの少し観直した1本だった。

 続編があるというので、いずれそちらも観てみようと思う。

ベルリン・天使の詩 デジタルニューマスター版 [DVD]

ベルリン・天使の詩 デジタルニューマスター版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 東北新社
  • メディア: DVD

nice!(5)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 5

コメント 8

satoco

公開当時見たのですが、かなり衝撃を感じ心に残った作品でした。
結局のところ人間や愛情というものを讃えているのがよいです。それとピーター・フォークがあまりにぴったりで。
続編はそれに比べると普通な作品という印象でした。
「シティオブエンジェル」は分かりやすさが逆にちょっと辛かったです。
by satoco (2010-07-05 22:49) 

ken

本作から観てしまうと「シティ・オブ・エンジェル」は分かり易すぎるでしょうね。
オリジナルを観たいま、改めてリメイク版を観てみたら、また違った感想を
持つのかどうか、ちょっと興味が湧いてきました。
nice!ありがとうございます。
by ken (2010-07-06 00:39) 

Sho

どちらにも、大変興味を持ちました。
> 僕は出来ると思いたい
同感です。
どちらも観てみたいと思います。
by Sho (2010-07-06 08:01) 

漣花

私もリメイクを先に観ました,どちらも好きな俳優さんだったし
映画館でウルウルになって観ました。
その日一日,引きずっていたような記憶が・・・
すぐにオリジナルを観ましたが,ややミーハーな私は
断然リメイクがいいと思いました。先に観てたら,リメイクを
観たかどうか・・・

今日の冒頭の文章・・・kenさん,何かあったのかとドッキリ
しましたよ・・・私もお年寄りになったら,ポチポチと集めた
お気に入りのDVDやブルーレイを,懐かしく観たいと
思っています。

by 漣花 (2010-07-07 22:41) 

ken

>Shoさん
 どちらも観る価値ある作品だと思います。
 nice!ありがとうございます。

>漣花さん
 リメイク版、引きずりますよね。僕も相当いろんなことを考えました。
 レビュー冒頭のエピソードは、これから先のことです。
 そうならないに越したことないんですけど、なる可能性も充分にあるし。
 つまりは僕の覚悟です(笑)。
 nice!ありがとうございます。
by ken (2010-07-08 02:38) 

movielover

ヴェンダース、好きな監督の一人です。

この作品好きだったので、「シティ・オブ・エンジェル」は公開時に観に行ったんですけど、若かったからか9:1でオリジナルに軍配をあげました。
メグ・ライアン可愛かったんですけどね。

私も老後!?のためにDVD買い漁ってます♪

by movielover (2010-07-13 00:33) 

ken

やはり、どちらを最初に観るかで、オリジナルとリメイクの軍配は変わりますね。
その好例だと思いました。だから今「シティ・オブ・エンジェル」を観てどう思うか
自分が気になります(笑)。
nice!ありがとうございます。
by ken (2010-07-13 01:46) 

マル季

>ビル・マーレイ

最近気づいたんですけど、実際マーレイ主演の『恋はデジャブ』って『ベルリン~』の影響がありそうですよね。両方とも「つまらない日常」の傍観者が恋に落ちて世界が変わって見える・・・っていう話ですし、ブルーノ・ガンツとマーレイはどことなく風貌も似ている。マーレイが高い所から飛び降りて自殺未遂をするシーンによく似たシーンが『ベルリン~』にもあった気がする。
by マル季 (2018-07-01 11:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。