So-net無料ブログ作成

デビルマン [2005年 レビュー]

デビルマン」(2004年・日本) 監督:那須博之

 僕は何を隠そう「ツッコミ名人」です。
 「そこも拾うか~!」と周囲の人間に驚かれるくらい、いろんなところを拾ってツッコミます。
 しかしこのツッコミ芸。女性にウケることはあっても、必ずしもモテるわけではないと気がついたので最近は封印しておりました。が、本日一旦解禁します。
 あ、それとコアな永井豪ファン、あるいはデビルマンファンの方以外にこの映画はオススメしませんのでネタバレなど気にせず、がしがし行きます。ウソでも観てみようと思っていらっしゃる方は、この先ご遠慮下さいませ。
 



 まあ、ひどいひどいとは聞いてましたが、まさかここまでとは…。
 永井豪さん、怒ってないっスか?
 犯人の那須博之、なんなら私がとっ捕まえますか?(笑)
 さて全編にツッコミを入れると映画の尺を超えるので、要所要所にしておきます。

 まずは主役の2人。伊崎央登と伊崎右典。
 ビジュアル優先にしたのかどうか知らんが、コイツら2人の演技が学芸会レベル以下
 小学生が金欲しさに「ノート買うからお金ちょうだい」と親にウソをつくのよりヘタ。
 なんとかならんか、こりゃ。
 セリフは全部声優に吹き替えさせても良かったんじゃない?

 高校生の飛鳥了(伊崎右典)がクルマ通学しているのも大爆笑。オマエは花形満か!

 セリフも痛い。
 不動明(伊崎央登)が悪魔に身体を支配されデビルマンになってしまったあとで了が一言
 「ハッピーバースデー、デビルマン」。
 人生最悪な出来事だったのに、お祝いしちゃったよっ!

 冨永愛のシレーヌ。この人、意外ときれいね。割と好みのタイプかも。
 でもコスチュームがショーパブの衣装にしか見えねーぞ。そういやアンタ、この頃には妊娠してたんだよね?。シレーヌと明の対決は、殺陣のリハーサル以下。

 松方弘樹の息子の仁科正基が出てます。
 この子の役名は「牛久」なんだけど、伊崎の発声が全然ダメでどうしても「ウシ君」に聞こえる。
 「ウシ君」って…パペットマペットかよっ!

 明が世話になっている家のお父さんとお母さんが宇崎竜堂、阿木燿子夫妻。
 あのさあ、とにかく日本音楽界の至宝みたいな夫婦なんだから、こんな仕事頼まないでよ。で、オファーが来たからってこんな仕事請けないで下さいよ~。
 その娘を演じるのが酒井彩名。ただオッパイがデカいだけの酒井若菜とごっちゃになっちゃってかわいそうだなあと常々思ってましたけど、この子は意外と良かったなあ。

 一番寒かった芝居。
 周辺住人のデーモン狩りに会って殺された宇崎夫妻と酒井彩名。
 酒井は生首になっちゃってて、明はその生首を抱いて(これがまずキモい)、2人でかつて行った教会へ。教会で何をするのかと思ったらその生首を教壇の台に据え、愛する者を失った悲しみに暮れるわけだが、クライマックスの芝居で伊崎央登が完全ウソ泣き。
 コラーッ!監督も伊崎のケツをラジオペンチでつねるくらいのことして、本気で泣かせろーっ!

 さてアクションとしてのクライマックスはデビルマン対サタンの決戦。いよっ!待ってましたっ!と思ったら、こいつがまるで格闘ゲーム「鉄拳」のオープニングムービー
 えええ?これってどっちを褒めてあげるべきなのぉ~?。「鉄拳」かなあ?(笑)。

 なんだか突っ込んでても面白くなくなってきたのでこのへんでお別れしましょう。

 最後に監督の那須さん。糠床にでもアタマ突っ込んで反省してください。
 ナスだけに次はいい味、出せるかもよ。

デビルマン

デビルマン

  • 出版社/メーカー: 東映
  • 発売日: 2005/04/21
  • メディア: DVD

nice!(5)  コメント(16)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

nice! 5

コメント 16

keiko-nari

あデビルマンだ。
いまりぢっくをみたとこですわ~
by keiko-nari (2005-05-21 03:18) 

ecco

私の永井豪の知識は「ハレンチ学園」なので
デビルマンは
どうしようもなかった。。。
by ecco (2005-05-21 03:22) 

そうだったんだ…知り合いが出てるから観ないとと思っていたのですが…観ないでおこう…(笑)。。←いいのかな?いいよね。。
by (2005-05-21 04:12) 

ぱんぷぅ

こんにちは。
やっぱり「ウシ君」に聞こえますよねー(笑)
by ぱんぷぅ (2005-05-21 07:19) 

こんにちは。
原作も、TVマンガも大好きだったので、DVDになったら観ようと思ってたんですが・・・。そんなにすごいですか。
チネチッタまで「CASSHERN」を見に行って、号泣してきた私ならたえられるかも?
「キューティーハニー」もダメかな~。
by (2005-05-21 08:21) 

まるこ

すがすがしさすら覚えるツッコミに、思わず「nice!」をつけてしまいました。
確か、この作品の監督、先日亡くなられたというニュースを聞きました。
この作品が遺作となってしまったらしいんですが・・・・・・最後の作品が「コレ」って、誇れるものなんでしょうか?
結構、過去の作品とか見ると、まあ「ピンク映画」多いのは仕方ないにしろ、「モーニング娘。」のアイドル物映画とか、B級映画とか撮ってるみたいですね。
「キューティーハニー」の庵野秀明は、まあ筋金入りの「アニメ畑出身」で、奥さん有名な「漫画家」だから、もうちょっとマシなものを撮っていると思うけど・・・・怖くて観れません。
by まるこ (2005-05-21 09:56) 

po-net

なすだけに、、最後がいかしてましたぜ。
しかし・・よくご覧になりましたね。。
by po-net (2005-05-21 10:19) 

ken

>keikoさん
 「リディック」のことですよね? 観ようかどうしようか悩んでました。
 どうすればいいか教えてください!

>eccoさん
 「ハレンチ学園」は小学2年生で読みました。鼻血ブーでしたね。

>aikaさん
 知り合いが出てるなら観てあげなきゃ。人間関係を円滑にするために大事。

>ぱんぷぅさん
 マジで「誰を呼んでんだ?」ってしばらく悩みました。

>ERUNさん
 「キューティーハニー」は確か2年前のゆうばり国際映画祭に出品されたので
 すが、あまりに評判が悪くて半分以上の観客が途中で席を立ったとか。
 その夜、映画関係者が集まって飲んでいた店の片隅で庵野サンはひとり
 泥酔していたと聞きました。…だから僕も観てません(笑)。

>いだえりさん
 あー!そうだ!!那須監督はお亡くなりになってましたね。合掌。
 遺作は「真説・タイガーマスク」だと聞きました。観てみよう。

>po-netさん
 いろんな意味で評判になった映画ですからね。興味はあったんです。
 でもデビルマンの造形だけはクールだったと思うな。
by ken (2005-05-22 23:51) 

いろいろ評判は聞いていますが。
帰ったらなにはともあれ観てみようと思います。
いや、そんなにひどいんですか・・・、気になる。
やはり観るべきかな。
by (2005-05-23 07:45) 

ken

逆に観る価値アリですよ、bikさん。
by ken (2005-05-23 11:59) 

瑠璃子

キャシャーンとどっちがひどいかな。レンタルもしたくないっす。もったいなくて。
私は真悟…危機一髪でした楳図センセイ…
by 瑠璃子 (2005-06-07 14:40) 

ken

キャシャーンとどっこいどっこいなんですけど、デビルマンのほうが酷いかな?
いや、キャシャーンかな? あーでもやっぱりデビル…ってどっちも酷いよ!
nice!ありがとうございました(笑)
by ken (2005-06-07 15:35) 

satoco

私も思いましたよ!「鉄拳」!!
いやーほんとそうですよね。笑える。
私はまだキャシャーンの方が、「映画のデキなんかどうだっていい!俺はこれがやりたいんだ!」っていうのが見えて納得感ありましたよ。
by satoco (2005-07-19 13:22) 

ken

satocoさん、こんばんは。
そうですねえ。僕にとっちゃどっこいどっこいでした。
この先は「仮面ライダーTHE FIRST」が酷いことになってないよう祈るだけです。
by ken (2005-07-19 23:40) 

green

「ウシ君」に大笑いです!(笑)
ミキの生首シーンあったんですね。
テレビ放映で観たので、全カットされてました。
やっぱり結構原作は意識していたんですね。
by green (2008-06-03 19:27) 

ken

そうかあ、テレビじゃカットされてたんですね。
当り前か!w
nice!ありがとうございます。
by ken (2008-06-03 19:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。