So-net無料ブログ作成
検索選択

シン・ゴジラ(2016年・日本) [2016年 レビュー]

総監督・脚本:庵野秀明
監督:樋口真嗣

 4DX2D版というヘンなバージョンを見た。2Dだけど椅子が動いたりするヤツだ。煙も水も香りも出る。公開まもなく「石原さとみのいい匂いがした!」とコーフン気味の書き込みもあったが、それはまあ思い込みってヤツだろう。僕自身は睡眠不足が続く最中に観に行ったので、椅子が動いてくれれば寝ずに済むだろうという読みだった。ついでに眠気覚ましのホットコーヒーを買って着席したら、これが割と早い段階からガタガタ揺れる。なので、しばらくは熱々のコーヒーを手に観る羽目に。おかげで全然落ち着けないのだが、逆にこれはこれで良かったかも知れない。なんだか「映画を見ている」というよりも、目の前の災害に“あちゃあちゃする”気分を味わえたからだ。いや、本当だったらもちろんコーヒーを気にするどころじゃないんだけど。

 日本版としては12年ぶりの復活である。
 渡辺謙さんが出た2014年のハリウッド版にがっかりしたこともあり、庵野秀明と樋口真嗣が『ゴジラ』をやると聞いたときには心底期待した。そして結果、大満足だった。

 2014年に1作目の『ゴジラ』(1954)を観たとき、僕は「『ゴジラ』を作れるのは日本人だけなのだ」と書いた。それは『ゴジラ』が反米、反戦、反核映画だったからだ。ハリウッドは彼らが「GODZILLA」と呼ぶキャラクターを自らの手で操りたかった。ただそれだけだった。だから日本人には面白くないのだ。
 『シン・ゴジラ』は、唯一の被爆国で福島第一原発という“核爆弾”を抱える日本だからこそ作れる作品で、かつ日本人のために作られた映画だ。ネット上では海外での評価を気にする文章も散見されたが、正直言って海外の評価なんかどうでもいい。僕が本作に満足したのは、ハリウッド版2作品に対する不満と、ゴジラの新たな価値観を構築できないまま失速した「ミレニアムシリーズ」に対する不満の両方を、庵野秀明と樋口真嗣の2人が見事に吹き飛ばしてくれたからである。それはあまりに晴れやかで爽快感を覚えるほどだった。

 危機管理対策映画である。
 もっと単純に、会議映画でもいい。正直こんなゴジラ映画になるとは思っていなかった。いやエキストラに参加した知人から、その雰囲気だけは事前に聞いてはいたけれど、ゴジラの出番がここまで少ないとは思ってもみなかった。
 その昔、ある有名映画俳優のマネージメントをしていた大先輩にこう聞いたことがある。
 「主役は出番が少ないほどいい。皆がもっと観たいと思うから何度も観に来る」
 映画産業全盛期の話だ。確かに劇場を出た足でもう一度観たいと思った。それはゴジラの姿だけでなく、ゴジラと会議室で戦う日本人の姿も。ゴジラは現実にいて欲しくない。しかしゴジラと闘う彼らはいて欲しい。

 『シン・ゴジラ』は良い夢と悪い夢が織り混ざった秀作だった。


シン・ゴジラ Blu-ray2枚組

シン・ゴジラ Blu-ray2枚組

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: Blu-ray

nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 6

コメント 4

midori

面白かったですよね~!
巨災対大好きです、2回観ました。
今年もよろしくお願いいたします。
by midori (2017-01-02 21:06) 

ken

いつ出てくるか分からない“忍者”ブログにコメントをありがとうございます!
僕も2回目観たかったのですが、2回目はDVDになりそうです。
今年も宜しくお願いします!
by ken (2017-01-07 10:08) 

ERUN

こんばんは。スピード感というか臨場感のあるゴジラでしたね。ゴジラの変態もリアルで。第2形態がツボにはまって大好きです。着ぐるみ好きだからフルCGのゴジラはどうだろうと思って観に行きましたけど、ぬいぐるみ感のある仕上がりで満足です。私もまた観たいと思った映画の一つです。
by ERUN (2017-01-08 00:51) 

ken

ERUNさん、亀レスで本当に申し訳ありません。
フルCGで見るゴジラはなかなかでしたね!
そろそろブルーレイで2度目の鑑賞をしますw
by ken (2017-06-25 11:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。