So-net無料ブログ作成
検索選択

サンキュー・スモーキング [2006年 ベスト20]

サンキュー・スモーキング」(2006年・アメリカ) 監督・脚本:ジェイソン・ライトマン

 世界的に禁煙運動が拡がる中、「タバコ研究アカデミー」のPRマンとして喫煙擁護を訴える男の活躍を描くコメディ
 この映画、つかみは完全にOKでした。Tex Williamsのオープニング曲「smoke,smoke,smoke that Cigarette」が出色。
ブラックな匂いプンプンの歌詞が軽くひと笑いさせてくれます。
 さらに本編序盤は「スナッチ」のガイ・リッチーを思わせる編集が気持ちいい。でもこの作品はガイ・リッチー風味で終わらないところが良いんです。なんと言っても脚本が小気味いい。
 ディベートの面白さと一緒です。黒いものを黒と知りつつそれでも白と主張する論理の醍醐味。観客は主人公ニック・ネイラー(アーロン・エッカート)のセリフに「上手いこと言うなあ」と感心したら最後、この映画の魅力にはまったも同然です。
 
 余談ですが、僕は6年前にタバコを止めました。
 喫煙していた当時
は所構わず1日に40本ほど吸っていたのですが、いざ止めてみると喫煙者に対して「おまえらふ・ざ・け・ん・な」くらいの怒りを覚えることがあります(笑)。一番は「歩きタバコ」に対してですが、とにかく絶対に相容れることのない「喫煙者」と「非喫煙者」の両者が、ことこの映画に関しては両者とも「おもしろい!」と言うことは間違いありません。ただし法的に喫煙が許される年齢以上でないと、笑えないとは思いますけど(笑)。両者がどうして笑えるかと言うと、世の中には表と裏、ホンネとタテマエがあることをオトナなら誰もが知っているからでしょう。
 そしてもうひとつ。この映画が巧いのは「子供の目線」を折り込んだところ。
 大人のタテマエだけでなく、子供の純粋な気持ちで、反社会的な活動に奔走する男の姿を描写したことで、すべては生きるためであり、家族のためであるというテーマがきちんと謳われているのです。

 さらに一言付け加えるなら、タバコの映画でありながら喫煙シーンが全く無いという驚きの事実。
 喫煙を擁護する男の話であるものの、映画自体のスタンスはそれとは違うと言いたかったのでしょうか、いずれにしても巧い演出だったと思います。
 これでたったの93分!近年ここまでスマートなブラック・ジョークの映画も無かったと思います。
 
文句なしの傑作。

サンキュー・スモーキング (特別編)

サンキュー・スモーキング (特別編)

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD

nice!(4)  コメント(10)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

nice! 4

コメント 10

…み、観ます!
これ面白そうですね、絶対観ようっと☆
<タバコの映画でありながら喫煙シーンが全く無い>っていうのは
凄い徹底的ですね。
本当にマナーのなっていない喫煙者が多いですよね。
マナーを守れない人は吸う資格ないです。
過剰な禁煙派もちょっとどうかなと思いますが…
世の中バランスが大事かと…。。。
by (2006-10-31 02:07) 

ken

aikaさん、お久し振りです。
東京国際映画祭の合間に観た作品ですが、期待以上の映画でした。
ラストシーンも気が効いててgoodですよ^^
nice!ありがとうございます。
by ken (2006-10-31 02:15) 

わらばー@見ッチェル

コメントありがとうございました。
ああ、そうですね、子供の視点もプラスされていたことが、主人公を人間くさくさせていた要因ですね。あれだけの才能のある男でありながら、離婚して息子を交代で面倒を見ているところはいかにも現代アメリカ的ですが、奥さんの再婚相手が禁煙派の医者というのも笑えました。
by わらばー@見ッチェル (2006-10-31 21:51) 

ken

禁煙派の医者と主人公との会話で、
「息子にとってオレは父親で、アンタは母親とヤッてる男」
ってセリフがありましたよね。僕はこのセリフがすごく好きですw
nice!ありがとうございます。
by ken (2006-10-31 21:58) 

non_0101

おはようございます。
> この映画、つかみは完全にOKでした。
本当に!でも笑いながら、タバコのデザインってカッコいいなあとも
思ってしまいました(笑)
あと、主人公が息子と二人でいるシーンはみんないい感じで好きです。
世の中のお父さんはこんなふうに息子に信頼されたいでしょうね。
by non_0101 (2006-11-10 09:52) 

ken

息子には父が必要なんですよ、結局。
必要とされる父親であることも大切ですけどね。
nice!ありがとうございます。
by ken (2006-11-10 18:15) 

芸夢人

 この映画も安くなったんでDVD買いました。
実家がタバコ屋なんでやっぱり観ないとですね。

 ニック・ネイラーはいいキャラクターでした。
結局は彼も普通の人間だったってことですよね。

 モッズ特捜隊に入りたくなりました。(笑)

音楽もいいですね。「GreenBack Doller」好きになりました。
 エンディングですべてぶち壊しっていう映画も時々
ありますんで・・・。
 

 
by 芸夢人 (2008-05-12 12:39) 

ken

実家がタバコ屋さん!そりゃ観ないとw
ニックの子供が僕は好きでした。
by ken (2008-05-12 14:57) 

satoco

たばこって設定がうまかったですね。アルコールほどいいもんの側面もなく、銃器ほどしゃれにならんわけでもなく、でも確実に市民の目の敵、という。アーロン・エッカート初めていいと思いました。
by satoco (2009-04-22 00:46) 

ken

もしや10年後にこの映画は、「そんな時代もあったなあ」、
なんてことになるのかも知れませんね。
アーロンって実はいい役者なんですよ。仕事を間違えなきゃw
nice!ありがとうございます。
by ken (2009-04-25 21:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。