So-net無料ブログ作成

殺人の追憶 [2004年 ベスト20]

殺人の追憶」(2003年・韓国) 主演:ソン・ガンホ

 2004年に僕が観た映画は191本。その中のベストワンがこの作品です。
 また、韓国における2003年度の観客動員数ナンバー1で、韓国アカデミー賞【大鐘賞】の作品賞、主演男優賞、監督賞、照明賞を受賞した作品でもあります。

 この「殺人の追憶」は実在した未解決連続殺人事件を題材にした作品で、我々観客は「未だ犯人が捕まっていない」という決定的な結末を知った上で観ることになる。
 同じ韓国映画の「チャンピオン」をふと思い出す。
 実在した伝説のボクサーを主役に据えたボクシング映画の傑作。この作品を観たときに僕は実話をベースにした映画で一番大切なことは、“
誰もが知る「結末」へ、その「事実」はいかにして行き着いたのか”その「プロセス」こそが最大の見どころだと確信した。
 この作品でそのプロセスは骨太の刑事ドラマとして見事に描かれている。被害者の無念さを思い切って一切排除した脚本が素晴らしい。
 これまで僕が見てきた刑事モノと比較しても、ベスト3に入る作品だと思う。けれど僕が一番驚き、感動したのはラストシーンだった。
 先に書いた通り、このドラマには「現段階で犯人は捕まっていない」という事実がある。事件は“終わっていない”のだけれど、映画には終わりがある。
 この手の作品の場合、「犯人はあなたの隣にいるかもしれない」とか、「時効成立まであと○年」といったテロップを入れて終わるケースが多々ある。この手法は極めてドキュメンタリー的で、映画の結末としては安全パイでもある。
 ところが。
 ポン・ジュノ監督はまったく意外な方法でもってエンドマークを出した。僕はそこに驚いた。衝撃だった。
 未だこの映画を観ていない人のために言おう。
 「このエンディングを観るためだけに131分を費やす価値がある」

 日本映画は韓国に確実に負けている。悔しいけれど事実だし、この作品を越える映画は当分日本では生まれないだろう。完敗。
 子供には刺激が強くて勧められないが、すべての大人に薦める傑作です。


殺人の追憶

殺人の追憶

  • 出版社/メーカー: アミューズソフトエンタテインメント
  • 発売日: 2004/08/27
  • メディア: DVD

nice!(2)  コメント(10)  トラックバック(3) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 10

はじめまして。
殺人の追憶、本当に良く出来た映画だと思います。
見終わって放心した覚えが。
あ。TBありがとうございました。
(TBというモノがいまいちどういうモノなのか分ってなかったりするんですが・・・)
by (2005-03-31 22:26) 

ken

番台@御湯屋さん、ようこそ。
そうそう。放心しますよね。うん、僕もそんな感じでした。
by ken (2005-04-01 16:04) 

ねこぱんち

kenさん、こんにちは。
こちらの記事にもトラックバックさせていただきまーす。
by ねこぱんち (2005-04-07 20:50) 

YUKO

さっそくこれも観ました!!
あのラストには私も驚きました。
日本映画にも頑張って欲しいものです。
by YUKO (2005-05-13 14:57) 

ななひつじ

TBさせてもらいました(^^)
私、”被害者の無念さ”はキムサンギョンが
表現してくれているもんだと思ってました。。。あの線路の場面で。
とにかく、この映画は面白かった~。
by ななひつじ (2005-07-26 22:46) 

ken

>ねこぱんちさん
 レスが3ヶ月も遅れてスイマセン。
 ずいぶん時間が経っちゃいましたが、この映画の感動だけは色褪せることが
 ありません。やっぱりスゴイ映画です。

>paserinさん
 いまさらなんだよって感じですよね。レスが2ヶ月も遅れてすいません。
 日本映画、頑張ってますね。

>ななひつじさん
 うんうん、そうですね。あの線路の場面は息が詰まりそうな名場面でした。
by ken (2005-07-27 00:47) 

Sho

このラストは凄かったですね。少女との会話、草木をなびかす乾いた風。
荒涼とした景色の中、ソン・ガンホの表情が忘れられません。
小細工無しの表情のみで、凄かったです。
by Sho (2006-11-16 21:42) 

ken

ラストシーン。
ポン・ジュノは天才だと思った瞬間でした。
この監督が撮った怪獣映画「グエムル」もぜひ楽しんでください。
nice!ありがとうございます。
by ken (2006-11-17 14:14) 

eklady

グエルムを観てから、ここにたどり着きました。これは、一気に観てしまった作品でした。リアルな映像を、観ていて汗ばむような緊迫感を感じました。私には、ボン・ジュノ監督作品の中では、一番好きかも知れません。奥の深い韓国映画にniceを一つお願いします。
by eklady (2007-03-02 02:06) 

ken

今まで何本も韓国映画を観てきましたが、これを超える作品とはまだ
出会っていないような気がします。名作ですよね。
by ken (2007-03-02 12:00) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。